まえがきからお読みでない方は、
是非こちら↓からお読みください。

目次

コメントの返信…まえがき
コメントの返信…第1部~幹部に対して思うこと~
コメントの返信…第2部~新人に対して思うこと~
コメントの返信…第3部~発言の場を提供する会社に対して思うこと~
コメントの返信…あとがき

 

返信です。

特に下記の部分

《言いたいことがあったら言えよ、
本音で語り合おうぜ、
でも決まったら従えよ。
あとから言ってくるのは愚痴と誤解されるからな。》
例示を要約すると、こんな印象を受けました。

確かにそういった印象を与えてしまうと、
予感はしていました。

なぜなら、
私自身、後半の部分を引用するかどうか迷ったからです。

ただし、誤解してはいけないのは、
組織というのは上が決めたら絶対だということ。
決まる前なら意見はいくら言ってもいいが、
いったん組織決定したら反対に向くのは許されない。
新人にはそこをはき違えないでほしい。

の部分です。

私は、
この記事を経営者寄りの人、
(弊社内に限らず)
会社の幹部をイメージして書いていました。

雑誌を引用したことで、
新人という言葉が出てしまいましたが…

今更なので、
言い訳っぽくなってしまいますが、
折角コメントをいただいたので、
時間をかけて語弊の無いように改めて書きます。

第1部■幹部に対して思うこと
第2部■新人に対して思うこと
第3部■発言の場を提供する会社に対して思うこと

この3点をわけて記事にします。

さいごに■あとがき
を書きます。

 

第1部■幹部に対して思うこと

幹部に対しては、
引用した文面とほぼ同じ考えです。

中途半端に引用してしまいましたので、
気になる方は買って読んでほしいです。

(全文引用するのは違法だと思うので…)

私の言う幹部とは、
弊社で言えば本音プロジェクトメンバーや、
店長会議、戦略会議のメンバーですので、
経営陣と直接会話や議論する場にいる役職と、
イメージしてください。

会社の方向性を決める場にいて、
発言の権利もある、
にもかかわらず、
その場で発言せずに、
その時の決定について、
終わった後、別の場所で意見を言い合うのは、
やはり私にとっては愚痴に感じてしまいます。

もちろん、
その場の雰囲気が、
本音を言えない場なのかもしれませんが…

それでも、
自分のお店の部下、
それこそ大型店で言えば60人近くの人生を、
背負っているという自覚、自負があるのであれば、
言い辛かろうが、仮に言ったことに対して叱られようが、
やはり物怖じせずに本音で発言して欲しいです。

逆に、
その場で発言をしないのであれば、
その決定に対して全力で取り組んで欲しいです。

会社決定に対して違うと思っていた。
であれば、
その決定を変えられる権利と、
また、部下達を代表して参加している以上、
変える義務も同時に持っているはずです。

だからこそ、
違うと思ったら発言する。

発言しないのであれば、
信じて従う。

店舗のトップが、
中途半端に迷えば、
当然、その部下達は、
さらに迷います。

だからこそ、
常に全力であり、
常に本音でなければ、
トップであって欲しくない。

私はそう考えています。

もう一つ誤解が無いように書きますと、
会社決定であろうが、
駄目なモノは駄目なので、
覆したり意見をしても全然良いです!

直接私に言うなり、
また会議の場で発言すれば良いだけです。

それを、
改善出来る場じゃないところで、
批判したり意見を言うのが、
愚痴だ!と言いたかったです。

私も良く、
朝令暮改しちゃいます。

前に言ったからとか、
間違えたからとかを気にするのは、
ただのプライドであり、
今、一番良いことをやりたいです。

そう言う意味では、
会議の場では言わなかったけど、
やっぱりこう思うという発言は絶対に必要です。

ただ、
幹部であれば、
その発言を然るべき場でして欲しい。

そうじゃなければそれは愚痴ということです。

 

以上です。

ますますうまく伝わるか不安です((((;゚Д゚))))

 

ツイてる♪ツイてる♪

 

目次

コメントの返信…まえがき
コメントの返信…第1部~幹部に対して思うこと~
コメントの返信…第2部~新人に対して思うこと~
コメントの返信…第3部~発言の場を提供する会社に対して思うこと~
コメントの返信…あとがき